大検証!クレジットカード現金化は自分でできる?

クレジットカード現金化を自分でする方法を検証しています!

自分で行うクレジットカードの現金化について

クレジットカードの現金化は多くの場合は業者を通して行われます。
ただ、業者を通さず、自分で現金化を行う方法もあるそうです。

この方法の利点は、業者を通して現金化のやり取りを行わないため、
手数料や業者の利益で換金率が減ることがないということ。
またできる限り少ない業者とのやり取りで済むことも挙げられます。

自分で現金化を行う方法

買い取り式の現金化

具体的な方法としては、クレジットカードで購入した商品を業者に買い取ってもらうやり方。
つまり買い取り式の現金化方式と言われる方法です。

換金率を上げ多くの利益を得るためには、
中古でも高く売れる商品を選定する必要があります。

換金率の高い商品の例としては
ゲーム機、バッグ・アクセサリー・時計といったブランド品
商品券、金券、新幹線などの回数券が挙げられるようです。

ブランド品はそれを専門に買い取る業者が多くあるため、
転売に向いている商品のひとつだと言われています。
ただそれは認知度が高い、人気ブランドである必要があるそうです。

新幹線チケットは買い取り式の現金化の定番!

一般的な方法として、換金率の高い新幹線のチケットを購入しそれを引き取ってもらい現金を手にするということも知られています。
また商品券やギフト券も同様に換金率が高くこれらの商品は90%以上あるそうです。

自分で現金化を行うリスク

高換金率の商品は注意が必要

換金率の高い商品のまとめ買いは、時として利用停止を招くことがあります。
それは現金化を狙う人だけでなく、一般の人でも商品転売を行う人が多くいるため。
人気のゲーム機などをこのような人が買うことで、市場では品薄となり、ネット上で
定価より高く買い取られるということが起こります。
これによって、社会の需給関係に影響を及ぼしてしまうことがあります。
それを防ぐため、店舗やカード会社で規制を設けていることも多いそうです。

新幹線チケットはカード会社がチェックしています

また上記に書いた新幹線チケットの例は、利用者にとってリスクが高い方法でもあります。
それは高い換金率で買い取ってもらえる反面、少しでも不自然な点があると、
カード会社から利用停止の解除をしてもらえないことがあるからです。

換金率の高い商品を多く買い求めることが時として需給関係に影響を与えます。
それを防ぐために、カード会社がカード利用停止などの処理を行うなど
利用者が取引自体できなくなるというリスクがあるのです。

自分でやる、業者を使う、最終的には自己責任の現金化を!

このように、自分でクレジットカードの現金化を行うにはメリットもあればデメリットもあります。
業者を通してのやり取りなら、換金率が少なくなる反面、
カード利用停止といったリスクはありません。

それだけに、色々考え、自分にとって良い方法で行うのが良いでしょう。

クレジットカード現金化を自分ではなく業者を比較して利用したいという方はこちら!